Qiitaの「いいね」が「LGTM」に?!

こんにちは、にゅ〜ぶるです。

2020/3/12に、Qiitaの「いいね」が「LGTM(Looks Good To Me)」に変わりました。
多くの賛否両論があるようですが、特定の意見に対してどうこう言うつもりはないですが、私の思いは書いておこうかなと思って、今書いてます笑

Qiitaとしての背景や公式見解は、Qiitaブログが公開されていますので、こちらを参照ください。

LGTMとは

「Looks Good To Me」の頭文字から出来ているネットスラングですね。
省略することで、キーボードを打つ数を減らすやつです。

意味としては、「自分的にはOKだよ」です。
開発のコードレビューをお願いされ時などに、「問題なし」と言う返答をする場合に使うものです。
※ちなみに、私は使った事ありませんでした笑

今までの「いいね」は

今までの「いいね」は、FacebookやTwitterなどのSNSの影響で、何も考えずに押している人が多かったとQiitaでもみられた様です。
※TwitterのRTも同じかと思います。

確かに、私もこの「いいね」は好きでありません。

  • 「いいね」の数が多いからと、それを信じて、中身を読まなくても「いいね」
  • 「既読」の「いいね」
  • 仲間による「いいね」

これらによって、中身の良さに関係なく、「いいね」が積み重なり、ランキング上位になり、またさらに増える。「声の大きい方が勝つ」といった状態が発生します。

これをQiitaとしてもよく思っていなかった様で、今回の対応になったのだと思われます。

Qiita運営としても、流れてきた記事に「いいね」するのではなく、しっかりその内容を読んで、その内容が少なくとも自分にとって良いものだと思ったときに「LGTM(Looks Good To Me)」と言ってもらった方が良いと考えました。これまでと同じように緑色のボタンを押すというインターフェースは変わっていませんが、反射的に押すのではなく、一度その対象をよく見てから押してもらえるようになると幸いです。

https://blog.qiita.com/like-to-lgtm/

ただし、変わらない…

ただ、私は、効果は薄いと私は思っています。
だって、文言が変わっただけなんだもの…

意味があると思います?
「LGTM」って何?と思って、押さない人が出る?
場所も変わらないし、数も表示されているので、前からQiitaを使ってる人にとっては、何も変わらないのでは…と思いますね…

そこで考えた案を…

  • 「LGTM」を押せるのは、ページを開いてから一定時間たってからとする。
  • 今までの「いいね」は、そのまま残して、別で「LGTM」をページの下部に配置する。
  • 同じ「Organization」所属の人は「LGTM」押せない。
  • ランキングは、「LGTM」で発表する。

どうでしょう?笑

確かに、UXが悪くなると思うので、デメリットはあるかもですが、そうでもしないと、主旨は伝わらないんじゃないかなと思います。

とにかく、今後どうやってQiita運営さんが改善していくのか、楽しみですね!