最初にやるべきことは?

2020年2月16日

にゅ〜ぶる会公式垢でツイートしている情報を、
Twitterでは文字数が足らないので、ぶろぐにて補足していきますね。
今回は、こちらのツイートに対しての補足。

駆け出しエンジニアさんが、最初に何をしたら良いか?
多くの人が、それぞれの意見をツイートされていますし、
これから紹介する内容も、私個人の意見なだけなので、
皆さんは、自分の判断で、どれが良いのかを決めて取り組んでみてください。

では、順番に。

Progateをとりあえずやる

Progateを知らない人は、おそらく居ないと思いますが、
オンラインで学べる、プログラミング学習サービスです。

この記事を書いてる2020.2.6時点では、「全14コース・76レッスン」が用意されていますが、
私がオススメするのは、「Command Line」「Git」「SQL」ぐらいで十分と思っています。

そのあとは、自由にやれば良いと思います。必須とは思いません。
「Ruby」「Rails」と一連のWebサービスを作るルートをやってみるもよし、
「PHP」「Java」「Python」と、色んなプログラミング言語を触ってみて、自分の好きな言語を探すもよし。
フロントエンドに興味があれば、「HTML & CSS」「JavaScript」「jQuery」とやるのもよし。
※「HTML&CSS」は、「Rails」や「PHP」を使ってWeb系のサービスを開発をする際には必須ですので、学んでおくのが良いでしょう。

ただし、Progateはあくまで基礎中の基礎なので、何周もするのは無駄です。

1周してみて、分からなかった所を復習のためにもう1周がちょうど良いでしょう。
その際、普段使ってるエディタでやることをオススメします。実際に開発する環境に慣れましょう。
出来たと思ったら、Progateにコピーして正否を確認しましょう。

やりたい言語のチュートリアル的なサイトをやる
(Railsなら、Railsチュートリアルみたいな)

私の現在のメインがRuby・Railsなので、Railsチュートリアルを例にあげますが、
他の言語の場合は、それにあったチュートリアルに置き換えてください。

Railsのチュートリアル的なサイトに、「Railsチュートリアル」というものがあります。

チュートリアル通りに勉強を進めていくと、Railsの基本的なことはもちろんの事、Webサービスで必要な事をいくつか身に付けることが出来ます。ただし、結構難しいと思います。Railsの場合は、Rubyの事は先に学んでおいたほうが良いかも知れません。

チュートリアルをやると、成果物がどんどん出来ていきます。
これはチュートリアルの良さですね。ものが出来てくると、ワクワクすると思います。あなたが初めて作ったサービスです!ワクワク楽しく勉強しましょう!

また、Progateと同じく、チュートリアルもほぼ正解が存在します。
「やる」事よりも「理解する」事に重点を置きましょう。やりながら、別のアウトプットを作るのをオススメします。

自分で考えることが大事です。この処理がある理由は?ここを変えてみらたどうなる?みたいな感じに、色々発展させて考えましょう。自分の中だけにするのではなく、ぶろぐに書く事で、継続させるパワーになったりもします。

こんな感じに「らくだ🐫さんのさいと

各章ごとにまとめていくと勉強にもなるし、後でふりかえるのにも良いですよ。

何か作る
(ハマってググりまくるのが重要)

一通りの開発の流れを掴んだら、自分で何かアイディアを出して作ってしまいましょう。
いわゆる個人開発ですね。

まだ早い?

いえ、判断するのはやってみてからで良いです。

やってみて躓いたら戻って復習しましょう。
悩んで一歩を踏み出せないなら、思い切って一歩を踏み出してみたら良いんです。

必ず躓きます。そして、ググる必要が出てきます。
勉強した事も絶対忘れています。でも大丈夫、ググったら出てきます。その時に思い出したら良いんです。
全てを覚えるなんて不可能。ググってググりまくって、ググるスピードが早くなれば良いんです。

最後に

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

駆け出しエンジニアさんの為になるような情報を日々発信していきたいと思っていますので、
引き続きよろしくお願いします!!
何かあれば、Twitterなりでご連絡いただければ!

個人垢はこちら
https://twitter.com/newburu

駆け出しエンジニアさん向けのツイートや、にゅ〜ぶる会用の垢はこちら
https://twitter.com/newburukai